絶えぬ祈り…京都アニメーションの放火殺人事件から3か月

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

事件発生から3か月がたった「京都アニメーション」第1スタジオに向かい手を合わせる女性(18日午前、京都市伏見区で)=土屋功撮影
事件発生から3か月がたった「京都アニメーション」第1スタジオに向かい手を合わせる女性(18日午前、京都市伏見区で)=土屋功撮影

 京都アニメーションの放火殺人事件から3か月となった18日、現場の京都市伏見区の京アニ第1スタジオには朝からファンや地元住民らが訪れ、手を合わせて犠牲者を悼んだ。

 第1スタジオは、外壁が黒く焦げた状態で残っている。献花台は8月下旬に撤去されたが、今も訪れるファンが絶えないという。

 旅行で中国・四川省から訪れた会社員(28)は京アニ作品「涼宮すずみやハルヒの憂鬱ゆううつ」をきっかけに日本語の勉強を始めたという。「容疑者への怒りと悲しみの気持ちは今も消えない。焼け跡を見ると心が痛む。全ていい方向に変わることを願っている」と建物を見上げた。

無断転載禁止
851791 0 ニュース 2019/10/18 15:00:00 2019/10/18 15:00:00 2019/10/18 15:00:00 事件から3か月がたち、第1スタジオ前には通りすがりに手を合わせる人も(18日午前9時46分、京都市伏見区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191018-OYO1I50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ