大阪府大、市大の統合をテーマに講演…関西プレスクラブ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

関西プレスクラブ定例会で講演する西沢良記・公立大学法人大阪理事長(18日午後、大阪市北区で)=枡田直也撮影
関西プレスクラブ定例会で講演する西沢良記・公立大学法人大阪理事長(18日午後、大阪市北区で)=枡田直也撮影

 関西プレスクラブの定例会が18日、大阪市内であり、公立大学法人大阪の西沢良記よしき理事長(74)が「公立大学法人大阪の設立と今後の新大学実現に向けて」をテーマに講演した。

 同法人は、大阪府立大と大阪市立大の運営法人を統合して今春設立された。西沢氏は大阪市立大学長などを経て、初代理事長に就任。2022年春の両大学統合を目指し、今年8月、新たな学部の設置などを盛り込んだ新大学基本構想を作成した。

 講演で西沢氏は、それぞれ約140年の歴史がある両大学の統合を目指す理由として、「少子高齢化が進む中で大学間競争は本当に大変。スケールメリットは大きなパワーになる」と説明。「世界に展開する高度研究型大学」を目指し、新大学では「教養や専門的能力といった基礎力を養成し、多様な考え方を融合させる」と述べた。

無断転載禁止
853082 0 ニュース 2019/10/19 06:00:00 2019/10/19 06:00:00 2019/10/19 06:00:00 関西プレスクラブ定例会で講演する西沢良記・公立大学法人大阪理事長(18日午後0時55分、大阪市北区で)=枡田直也撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191019-OYO1I50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ