高台へ 防災意識新た…和歌山・稲むらの火祭り

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

たいまつを手に高台へ向かう住民ら(19日夜、和歌山県広川町で)=前田尚紀撮影
たいまつを手に高台へ向かう住民ら(19日夜、和歌山県広川町で)=前田尚紀撮影

 江戸時代の安政南海地震(1854年)の際、稲わらに火を放って村人を高台に導き、津波から救った豪商・浜口梧陵ごりょうの功績を伝える「稲むらの火祭り」が19日、和歌山県広川町で行われた。

 午後6時前、住民ら約500人がたいまつを手に町役場前を出発。高台の広八幡神社まで約2キロを約40分かけて歩いた。道中、田んぼに積み上げた稲わらに火を付け、「世界津波の日」(11月5日)の制定のきっかけになった故事を再現した。

 来年は、梧陵の生誕200年にあたる。地元の語り部として故事を伝えてきた男性(70)は「梧陵の精神を風化させず、防災への意識を一層高めていきたい」と話した。

無断転載禁止
854209 0 ニュース 2019/10/20 06:00:00 2019/10/20 06:00:00 2019/10/20 06:00:00 松明を手に神社へ向かう住民ら(19日午後6時16分、和歌山県広川町で)=前田尚紀撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191020-OYO1I50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

ラグビーワールドカップ

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ