北陸新幹線、30年開業「経済効果4.3兆円」…関経連など試算

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 関西経済連合会、大阪商工会議所、北陸経済連合会は21日、北陸新幹線で未着工の敦賀(福井県)―新大阪間について、早期延伸に伴う経済波及効果の試算を公表した。国は2046年の開業を想定するが、沿線の経済界などが要望する30年に前倒しすれば、約4・3兆円の効果が見込めると訴えた。

 試算では、国土交通省や観光庁の統計を基に、沿線住民へのアンケート調査の結果も反映した。

 敦賀―新大阪間が30年に開業した場合、北陸と関西、その他の地域の交流人口は15年比で計約1910万人増える。宿泊費や飲食代などの個人消費も伸び、1年当たりの経済効果は約2700億円上積みされる。開業を16年早めることができれば、効果は総額約4・3兆円に達する計算だ。

 敦賀―新大阪間の総工費は2・1兆円以上とされ、財源の確保が課題となっている。大阪市内で記者会見した関経連の松本正義会長は「4・3兆円という数字を武器に政府や与党にアピールする。地元の機運を高めながら、一日も早い開業を目指していく」と強調した。

 北陸新幹線は15年に長野―金沢間が開業し、着工中の金沢―敦賀間は23年春に開業を予定している。

無断転載・複製を禁じます
857591 0 ニュース 2019/10/22 06:00:00 2019/10/22 06:00:00 2019/10/22 06:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191022-OYO1I50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ