パナ・日本IBM、半導体製造システム共同開発

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 パナソニックと日本IBMは、半導体の製造工程を効率化するシステムを共同開発すると発表した。日本IBMの工程管理やデータ分析の技術を使い、熟練工の経験に頼っていた作業を省力化してコスト削減を図る。2020年度からシステムを外販し、30年頃に売上高250億円を目指す。

 半導体製造は求められる性能に応じ、材料のシリコンウェハーの切断方法や圧力のかけ方など数百種類の条件を調整する必要がある。

 この作業工程の最適な組み合わせを瞬時に導き出すシステムを開発することで、従来は数週間かかった工程を数日に短縮できるという。

無断転載禁止
859025 0 ニュース 2019/10/23 06:00:00 2019/10/23 06:00:00 2019/10/23 06:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

ラグビーワールドカップ

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ