大阪府、患者出た場合に滞在歴公表…新型肺炎

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、大阪府は28日、府内で感染者が出た場合、府内の滞在歴などを独自に公表することを決めた。

 国は感染者の詳しい行動歴を公表していないが、より詳細な情報を伝えることで混乱を防ぐことが狙い。この日、府庁で開かれた対策本部会議で決めた。

 公表内容は、入国した日付と時間帯、滞在した府内の自治体と滞在日など。マスクを着用せずに不特定多数と接触した場合など、感染拡大のリスクが高いケースでは、更に詳細な情報提供も検討する。

 吉村洋文知事は会議後、記者団に対し「(感染者の行動歴を)国がほとんど公表しないのはおかしい。府民が命を守る行動を取れるよう、積極的に公表していきたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1025080 0 ニュース 2020/01/29 06:00:00 2020/03/09 10:35:30 2020/03/09 10:35:30

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ