阪高・信濃橋渡り線が開通

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

開通した阪神高速道路信濃橋渡り線。東行きの大阪港線(左)から北行きの環状線(右上)をつなぐ(29日午前、大阪市で、本社ヘリから)=川崎公太撮影
開通した阪神高速道路信濃橋渡り線。東行きの大阪港線(左)から北行きの環状線(右上)をつなぐ(29日午前、大阪市で、本社ヘリから)=川崎公太撮影

 阪神高速道路の西船場ジャンクション(大阪市西区)の「信濃橋渡り線」が29日午前4時に開通した。大阪の湾岸部から池田、守口方面までの走行距離が5.5キロ・メートル、所要時間が5分短くなり、環状線の混雑緩和も期待される。

 信濃橋渡り線は約180メートルで、大阪港線(東行き)と環状線(北行き)を結ぶ。大阪港線から北に向かう場合、従来はいったん環状線に入って南に迂回うかいする必要があったが、渡り線で直接行けるようになった。阪神高速が2014年1月から169億円をかけて整備した。1日の通行量は1万6000台を見込んでいる。

無断転載・複製を禁じます
1025886 0 ニュース 2020/01/29 15:00:00 2020/01/29 15:10:45 2020/01/29 15:10:45 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200129-OYO1I50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ