合格祈願まんじゅうで応援…大阪・高槻の和菓子店

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「合格祈願」の焼き印が押されたまんじゅう(大阪府高槻市で)=前田尚紀撮影
「合格祈願」の焼き印が押されたまんじゅう(大阪府高槻市で)=前田尚紀撮影

 受験シーズンを迎え、大阪府高槻市の和菓子店「薩喜庵さつきあん宮田店」で、「合格祈願」の焼き印を押したまんじゅうが作られている。

 自家製のこしあんを包んだ生地に、職人が熱したこてで一つひとつ焼き印を入れて仕上げる。受験生の合格を祈って毎年この時期に製造しており、今年も3月末までに約1000個を作るという。

 丸野裕志社長(46)は「モチモチした食感を楽しんで、目標を達成してほしい」と話す。まんじゅうは同店と真上店で、1個200円(税込み)で販売している。

無断転載禁止
1032383 0 ニュース 2020/02/02 06:00:00 2020/02/02 06:00:00 2020/02/02 06:00:00 焼き印が押される合格祈願まんじゅう(15日、大阪府高槻市で)=前田尚紀撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200202-OYO1I50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ