みさき公園、来月で終了…大阪・岬町は再整備検討

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

南海電鉄が運営終了を決めた「みさき公園」(13日、大阪府岬町で、本社ヘリから)=東直哉撮影
南海電鉄が運営終了を決めた「みさき公園」(13日、大阪府岬町で、本社ヘリから)=東直哉撮影

 大阪府岬町のレジャー施設「みさき公園」について、南海電気鉄道は13日、3月31日で運営を終了すると発表した。後継企業が見つからなかったためで、飼育している約70種類(約450匹)の動物は来年3月末までにアドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)などに譲渡できるよう協議を進めている。岬町は土地を譲り受けた上で、自然公園などに整備し直すことを検討しているという。

 南海は昨年3月、事業からの撤退を公表し、譲渡先を探していた。町によると、複数の企業が関心を示したが条件が折り合わず、南海は同7月、町に閉園準備を進めると説明したという。

 敷地は33ヘクタールあり、戦後、農地などから南海の名義となった。現在は20億円前後の価値があるとみられるが、「公園として使用する」という契約を町と交わしているため、町は南海に無償譲渡を求めている。

 4月以降は暫定的に町営公園にすることを検討しているといい、田代たかし町長は「イルカや大型動物は維持費がかかりすぎ、町の財政がパンクしてしまうが、公園は菜園や農業など自然とふれあえる場所に再整備したい」と話している。

 町との交渉内容について、南海は「コメントは差し控える」としている。

 開園当初から利用してきたという近くの80歳代の女性は、「子どもや孫も、みんな公園で動物とふれあって育った。形は変わっても『みさき公園』の名前は残してほしい」と話した。

 みさき公園 南海が1957年に開園。キリンやシマウマ、ライオンなどの動物やイルカショー、遊園施設などが家族連れらに人気で、ピーク時の89年度には入園者72万人を記録した。その後は少子化や娯楽の多様化で入園者が減り続け、2018年度は半数以下の33万人まで落ち込んだ。近年は毎年2億~4億円の赤字が続いている。

無断転載・複製を禁じます
1052567 0 ニュース 2020/02/14 06:00:00 2020/02/14 06:00:00 2020/02/14 06:00:00 南海電鉄が運営からの撤退を決めた遊園地「みさき公園」(13日、大阪府岬町で)=東直哉撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200214-OYO1I50002-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ