工場夜景の新カード作製…堺市、27日から配布

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 工場夜景をPRする堺市など国内11自治体でつくる「全国工場夜景都市協議会」が、地元の夜景を写真に収めたカードを新たに作製した。堺市は、27日から観光客らに配布を始める。

 工場夜景を観光資源として活用しようと、協議会は各地の取り組みなどを報告するサミットを毎年開いており、観光客らにアピールするため、各自治体が昨年からカードの作製・配布を開始。今年も写真を一新してカードをつくった。

 堺市の新カードは、築港新町付近の幻想的な様子をとらえ、裏面で「SF映画のワンシーンのような美しさ」などと見所を紹介。夜景を観賞できる主な場所として、築港新町はまなでしこ公園や浜寺水路を挙げる。

 自ら撮影した工場夜景写真を市内の観光案内所で提示したり、夜景見学クルーズに乗船したりすると入手できる。市の担当者は「カードで工場夜景の愛好者の輪が広がれば」と話す。

無断転載・複製を禁じます
1067761 0 ニュース 2020/02/23 06:00:00 2020/02/23 06:00:00 2020/02/23 06:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ