鮮魚は続くよ…近鉄、専用車両運行

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

運行を始めた「伊勢志摩お魚図鑑」(16日午前8時30分、大阪府柏原市で)=大石健登撮影
運行を始めた「伊勢志摩お魚図鑑」(16日午前8時30分、大阪府柏原市で)=大石健登撮影

 近畿日本鉄道は16日、伊勢志摩産の海の幸を大阪方面に運んだ「鮮魚列車」の後継車両「伊勢志摩お魚図鑑」の運行を始めた。

 鮮魚列車は1963年から運行。行商人がアワビや伊勢エビなどの海産物を詰めたトロ箱とともに乗り込み、大阪と三重を行き来したが、行商人の減少や車両の老朽化で今月13日、半世紀の歴史に幕を閉じた。

 時間通りに運べるとして行商人から運行継続を望む声があり、近鉄は、一般車両に専用車両(1両)を連結して運行することにした。後継車両は、平日の早朝に松阪―大阪上本町駅間で運行。車体に、伊勢エビやタイなど伊勢志摩の魚介類43種類を描いた。

無断転載・複製を禁じます
1111329 0 ニュース 2020/03/16 15:00:00 2020/03/16 15:00:00 2020/03/16 15:00:00 大和川を渡り大阪上本町へ走行する「伊勢志摩お魚図鑑」(16日午前8時30分、大阪府柏原市で)=大石健登撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200316-OYO1I50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ