大阪・兵庫、休業要請当面見送り…新型コロナで

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 緊急事態宣言の発令を受け、大阪府は7日、食料品の買い出しや通勤など生活維持に必要な場合を除き、原則として外出しないよう府民に要請した。期間は5月6日まで。感染拡大が確認されている夜の繁華街への外出自粛は「強く要請する」とした。施設の休業や休止(使用制限)要請については、外出自粛の効果を見極めたうえで判断する。

 吉村洋文知事は記者会見を開き、「大阪府は患者が日々増加し、厳しい状況だ。国や自治体、府民の皆さんが連携すれば、最悪の事態は防げる」と述べた。

 府がこの日決めた対処方針では、生活の維持に必要な外出の例として、生活必需品の買い出しなどの他に、通院や散歩、銀行や役所へ行くことなどをあげた。

 夜の繁華街については、密閉空間で密接に人と接する「三つの密」が生じやすいとして、出入りを自粛するよう強く求めた。イベントは、屋内や屋外、規模や場所にかかわらず開催の自粛を呼びかけた。

 施設の休業や休止要請の判断をどうするかに関し、吉村知事は記者会見で「2週間から3週間の間に効果が見えてくる。それを踏まえて、使用制限を判断する」との認識を示した。

 兵庫県も7日、生活の維持に必要な場合を除き、外出しないよう県民に要請した。特に大阪や東京との往来や、接客を伴う飲食店やカラオケ店などの利用を控えるよう求めた。大阪府と同様に民間の施設に対して営業自粛は求めず、今後の感染状況を踏まえて検討するとした。

 井戸敏三知事は「兵庫も感染経路が不明な患者が増加しており、予断を許さない状況だ」と語った。

無断転載・複製を禁じます
1153846 0 ニュース 2020/04/08 06:00:00 2020/04/08 06:00:00 2020/04/08 06:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ