読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

糖尿病がん化の仕組み解明 京大チーム…新治療法に期待

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 糖尿病からがんになる仕組みの一端をハエの実験で解明したと、京都大の井垣達吏教授(遺伝学)らが8日、米科学誌ディベロップメンタル・セルに発表した。血糖値を下げるインスリンの量が異常に増えて「細胞競合」という現象が起きなくなるためで、新たな予防・治療法などの開発につながるという。

 細胞競合は、がんの元になる異常な細胞が周囲の正常細胞に囲まれて排除される現象。近年、がん研究の分野で注目されている。

 井垣教授らは、糖尿病の患者ががんになりやすく、インスリンが効かずに異常に増える高インスリン血症が多いことに着目。同症になったショウジョウバエを使って実験した。

 その結果、目の組織に人工的に生じさせた異常細胞がたんぱく質合成能力を高めて細胞競合を妨げ、がん化することがわかった。血糖値を下げる糖尿病治療薬を投与すると、細胞競合が起き、がん化しなくなった。

無断転載・複製を禁じます
1208438 0 ニュース 2020/05/08 15:00:00 2020/05/08 15:00:00 2020/05/08 15:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)