読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

大阪府、PCR拡充へ…保健所通さず検査

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪府は20日、新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査の態勢を拡充するため、保健所を介さずに検体の採取や検査を行う「地域外来・検査センター」を設置する方針を明らかにした。検査能力を現在の1日約1400検体から、約2000検体に増やすことを目指す。

 従来は通常、感染の疑われる患者が医療機関を受診すれば、医療機関は保健所と相談。保健所が必要と判断すれば、患者は病院などに設置された「帰国者・接触者外来」で受診後、PCR検査を受けている。

 センターは府内の医療機関や公共施設などに設置し、医師会などに運営を委託することを想定。感染が疑われる患者を診察した医療機関は、保健所を介さずに直接センターにも相談できるようにする。センターは必要に応じて検査を行うことができ、1日当たりの検査数を増やせるという。

 休業要請の解除などで今後、感染が拡大した場合、保健所業務が増えることが予想されるため、設置を決めた。また、新型コロナ患者用に医療機関が空けている病床について、府は一部の費用を負担する方針。

無断転載・複製を禁じます
1231934 0 ニュース 2020/05/21 06:00:00 2020/05/21 06:00:00 2020/05/21 06:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)