PCR検査ロボ開発へ…神戸のメーカー、医療従事者のリスクを低減

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

開発中のロボットによる検体採取の様子(メディカロイド提供)
開発中のロボットによる検体採取の様子(メディカロイド提供)

 神戸市の医療系ロボットメーカーは3日、同市と連携し、新型コロナウイルスのPCR検査や検体採取を行うロボットを開発すると発表した。10月にも一部実用化を目指す。医療従事者の感染リスクや作業負担を減らすための取り組みで、厚生労働省は「全国でも初ではないか」としている。

 川崎重工業と医療機器大手シスメックスの合弁会社「メディカロイド」(神戸市中央区)。PCR検査は鼻の奥に綿棒を差し込んで粘液を採取する方法が一般的だが、患者のくしゃみなどで、採取者が感染する恐れがあった。

 同社が開発中の検体採取用ロボットは、カメラ付き画面とアームがついており、医療関係者が画面越しに映る患者を見ながらアームを遠隔操作し、先端についた綿棒で検体を採取できる。産業用ロボットの技術を応用して精密な動きを再現し、綿棒が患者の粘膜に触れた感触などが医師のレバーに伝わるようになっているという。

 また、試薬の調合なども含めて自動で行えるPCR検査用のロボットも開発している。現在、1回あたり3~6時間かかる検査時間について、同社は3~4倍のスピードアップが可能としており、実現すれば医療従事者の大幅な作業軽減が見込めるとしている。

 神戸市は同社への開発支援として5000万円を補正予算案に計上。ロボットのPCR検査は10月の実用化を目指しており、市立病院などで導入を図る。

 検体採取は医療行為にあたるため、同社は夏頃に厚労省へ薬事承認を得るための申請を行い、承認され次第、実用化を図る方針。

無断転載・複製を禁じます
1258904 0 ニュース 2020/06/04 06:00:00 2020/06/04 06:00:00 2020/06/04 06:00:00 ロボットによる検体採取を受ける等身大の人形(メディカロイド提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200604-OYO1I50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ