5人以上の宴会・飲み会の自粛要請始まる…大阪府

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

新世界の串カツ店「串かつだるま」の入り口には、5人以上の利用客は席を分散するなどとする案内文が設置された(1日夜、大阪市浪速区で)=前田尚紀撮影
新世界の串カツ店「串かつだるま」の入り口には、5人以上の利用客は席を分散するなどとする案内文が設置された(1日夜、大阪市浪速区で)=前田尚紀撮影

 新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、大阪府は1日、5人以上の宴会・飲み会の自粛要請を始めた。大阪市内の繁華街では団体客が姿を消し、少人数での飲食店利用が目立った。

 ミナミではこの日、2、3人で行動する人が多く、飲食店も空席が目についた。ビアガーデンの男性店長(36)は「かき入れ時に、団体客がなくなるのは痛すぎる」とため息をついた。

 自粛要請は20日まで。改正新型インフルエンザ対策特別措置法に基づき、強制力はないが、府が7月28日に方針を示すと、店では新規予約がほぼなくなり、1日の来店者は大半が2~4人だった。5人以上で訪れた数組には2か所に分散して座ってもらい、「売り上げが厳しい中、少しでも客を逃がしたくない」と語った。

 別の居酒屋に友人と2人で来店した大阪市内の会社員男性(23)は「2人なら範囲内なので許されるかなと思った。大人数での飲み会は当分避ける」と話した。

 たこ焼きや串カツの店が並ぶ新世界でも、グループの姿は少なかった。

 串カツ店「串かつだるま通天閣店」では、1日から「5人以上の利用はテーブルを分けます」などと書いた案内文を入り口に設置。男性店長(41)は「今が感染を食い止める踏ん張り時。しっかりと対策をとりたい」と訴えた。

無断転載禁止
1381360 0 ニュース 2020/08/02 06:00:00 2020/08/02 06:00:00 2020/08/02 06:00:00 串カツ店の入り口に置かれた、5人以上の座席分散についての案内文(1日午後6時57分、大阪市浪速区で)=前田尚紀撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200802-OYO1I50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ