都構想「反対」へ…自民府連が調整

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪市を廃止して4特別区を新設する「大阪都構想」について、自民党大阪府連が反対の立場をとる方向で調整していることが8日、わかった。8月下旬の役員会で正式に決定する。

 この日、府連幹部が市内で会合を開き、方針を確認した。自民党は市議団が反対、府議団が賛成することを決め、賛否が割れる異例の事態となっており、府連として立場を明確にし、11月に予定される都構想の是非を問う住民投票に臨む。

 府連幹部は読売新聞の取材に「府議団の考えは尊重する」と述べ、府議団が府議会で8月下旬に予定される制度案の採決で賛成しても、容認する考えを示した。

無断転載・複製を禁じます
1398175 0 ニュース 2020/08/09 06:00:00 2020/08/09 06:00:00 2020/08/09 06:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ