大飯原発3号機配管に傷

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 関西電力大飯原子力発電所3号機(福井県、運転停止中)で今年8月、定期検査中に原子炉格納容器内を通る金属配管の内側の溶接部に長さ6.7センチ、深さ4.6ミリの傷が見つかり、9日の原子力規制委員会で報告された。規制委は11日に関電の調査を検証する。関電は規制委の確認が終わるまで検査を中止し、10月21日に予定する運転再開を遅らせる見通し。

無断転載・複製を禁じます
1466630 0 ニュース 2020/09/10 06:00:00 2020/09/10 06:00:00 2020/09/10 06:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ