絶品おむすび店 大阪・能勢の道の駅にオープン

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

能勢町産の米で作ったおにぎりをPRする上森町長(左)とタージンさん(大阪府能勢町で)
能勢町産の米で作ったおにぎりをPRする上森町長(左)とタージンさん(大阪府能勢町で)

 大阪府能勢町の道の駅「能勢 くりの郷」に、地元産の米と食材で作るおむすび専門店「能勢おむすびハウス」がオープンした。

 道の駅と町が協力して運営する。持ち帰りのみで、メニューは▽塩むすび(税込み150円)▽鶏つくねむすび(同250円)▽季節ごとに具材が変わるおむすび――。鶏からあげ(5個入り、同300円)もある。

 今月19日に道の駅で行われたオープン記念式典では、タレントのタージンさんが試食し、「お米がふっくらしている。握り方も絶妙です」と絶賛していた。

 上森一成町長は「きれいな水と自然に育まれた能勢の食材を味わってほしい」と呼びかけている。

無断転載・複製を禁じます
1497768 0 ニュース 2020/09/24 06:00:00 2020/09/24 06:00:00 2020/09/24 06:00:00 能勢町産の米で作ったおにぎりをPRする上森町長(左)とタージンさん(能勢町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200924-OYO1I50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ