大衆演劇 幼児や小学生含む出演者6人感染…兵庫・明石

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 兵庫県明石市は27日、市内の演劇場「明石ほんまち三白館みはくかん」で上演中の大衆演劇に出演していた劇団員6人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

 6人は幼児1人、小学生女児1人、10歳代男性1人、30歳代の男女3人で、9月1日から同劇場で上演されていた「スーパー兄弟!残暑を吹き飛ばす舞台を!」に出演していた。28日まで予定していた公演は26日以降、中止になった。

 同劇場では舞台と客席間の距離を空けるなど感染防止対策を取っており、観客に濃厚接触者はいないが、市は、念のため18~25日に1、2列目にいた観客約30人にPCR検査を行う方針。また、感染が確認された女児が通学する市立小学校は28日、臨時休校する。

無断転載・複製を禁じます
1505663 0 ニュース 2020/09/28 06:00:00 2020/09/28 06:00:00 2020/09/28 06:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ