飛鳥版科挙に160人が挑戦

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 奈良県明日香村で27日、古代国家誕生の地・飛鳥の歴史や文化をテーマにしたご当地検定「飛鳥学冠位叙任試験(飛鳥版科挙)」(古都飛鳥保存財団主催、読売新聞社など共催)が行われ、全国から約160人が参加した。

 聖徳太子の冠位十二階にちなみ、成績に応じて冠位や官職が授与される試験で、今年で10回目。クイズラリー形式の小・中学生向けと入門編の参加者は、地図を手に村内を巡り、6か所で選択式の問題を解いていた。

無断転載・複製を禁じます
1505664 0 ニュース 2020/09/28 06:00:00 2020/09/28 06:00:00 2020/09/28 06:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ