浮世絵で描く歌舞伎「女方」…池田・逸翁美術館

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 歌舞伎で女性役を演じる「女方おんながた」を描いた浮世絵を紹介する企画展「歌舞伎の中の女たち―姫・妻・悪女―」が、大阪府池田市の逸翁美術館で開かれている。12月6日まで。

 女方には、姫などの若い女性の役「赤姫」や、素行は悪いが男性に尽くす「悪婆あくば」などがある。会場には様々な女方を描いた江戸―明治時代の浮世絵約80点を展示している。

 浮世絵師の豊原国周くにちかの「八重垣姫」は赤い着物と豪華な髪飾りが特徴的で、恋に一途いちずな赤姫の情熱を表現している。また、悪婆の「きられおとみ」は、髪に横櫛よこぐしをさし、威勢の良さが伝わってくる作品だ。

 学芸主任の太寿堂たいじゅどう素子さんは「服装や飾りを見れば登場人物の身分や立場が分かり、歌舞伎をより楽しむことができる」と話している。午前10時~午後5時(入館は午後4時半まで)。月曜休館。料金は一般700円など。問い合わせは同館(072・751・3865)。

無断転載・複製を禁じます
1505665 0 ニュース 2020/09/28 06:00:00 2020/09/28 06:00:00 2020/09/28 06:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ