漆喰に抗ウイルス効果…コロナ不活化、7~10年持続

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本の伝統的な建築材料の漆喰しっくいに、新型コロナウイルスの感染力を失わせる不活化の効果があることを確認したと、関西ペイントと長崎大が発表した。主成分であるアルカリ性の消石灰が不活化させるという。同社は漆喰を液状の塗料にする技術があり、屋内の壁のほか、段ボールやテープなどにも抗ウイルス効果を持たせることができるとしている。

 同社と長崎大の安田二朗教授(ウイルス学)が共同で実験した。同社の漆喰塗料を塗ったフィルムに、新型コロナウイルスを付着させたところ、5分間で99・9%以上のウイルスが不活化した。漆喰塗料の効果は7~10年持続するという。

 漆喰は消石灰にのりなどを混ぜたもので、壁を保護する上塗り材として使われている。漆喰に含まれる消石灰の量によっては、不活化しない可能性もある。

 安田教授は「漆喰塗料には短時間で高い不活化効果がある。様々なものに塗布でき、幅広い用途に活用できる」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1534040 0 ニュース 2020/10/09 15:00:00 2020/10/09 15:00:00 2020/10/09 15:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ