読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

川重、大容量バッテリーを受注…世界初の電動タンカー向け

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 川崎重工業は、2023年3月までの完成を目指し、造船会社の興亜産業(香川県丸亀市)と井村造船(徳島県小松島市)が建造する世界初の電動タンカー(2隻)向け「大容量バッテリー推進システム」を受注した。重油エンジンと比べ、運航中の二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減できる。

 システムは、電気自動車(EV)約100台分の大容量リチウムイオン電池でスクリューを回す仕組みで、乗組員の作業負担の軽減にもつながるという。

 海運業界では排ガス規制強化を受け、船舶の電動化に向けた開発が進んでいる。

無断転載・複製を禁じます
1541149 0 ニュース 2020/10/12 15:00:00 2020/10/12 15:13:51 2020/10/12 15:13:51

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)