御堂筋線 停車5~10秒延長…31日から

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪メトロは御堂筋線で31日から、駅での停車時間を5~10秒延長するダイヤ改正を行う。転落防止のために可動式ホーム柵を設置すると、乗客の乗り降りにかかる時間が長くなることに配慮したという。

 御堂筋線では2021年度末までに、全駅に可動式ホーム柵を設置する計画で、心斎橋駅と天王寺駅で既に設置し、11月からなかもず駅と江坂駅で運用を始める。ただ、ホーム柵は乗客の流れを制限するため乗降の時間が長くなる傾向がある。

 ダイヤ改正により、梅田駅では朝のラッシュ時間帯に、なかもず方面行きで従来は50秒の停車時間が55秒に、千里中央方面行きで35秒から40秒に延長する。

 また、平日夜間の千里中央方面行きで、梅田駅の次の中津駅止まりだった4本について、1本を江坂駅行き、3本を新大阪駅行きに延ばす。同様に土日休日の朝夕で、中津駅止まりの18本を新大阪駅行きに変更して、利便性を改善する。

無断転載・複製を禁じます
1555365 0 ニュース 2020/10/17 06:00:00 2020/10/17 06:00:00 2020/10/17 06:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ