読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

海ニャン、公式キャラに昇格…和歌山・海南市

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

任命式に参加した海ニャン(左)ときいちゃん(海南市で)
任命式に参加した海ニャン(左)ときいちゃん(海南市で)

 和歌山県海南市は18日、市民らが作った猫のゆるキャラ「かいニャン」を、市の公式PRキャラクターとする任命式を、市民交流施設「海南nobinos(ノビノス)」(海南市日方)で行った。

 市内には、菓子の神様「田道間守たぢまもり」をまつる橘本きつもと神社や、菓子の起源とされるミカンの原種「タチバナ」が日本で初めて植えられた「六本樹の丘」があることから、市は「お菓子の街」を掲げ、PRしてきた。

 こうした市の取り組みを後押ししようと、市民の有志が2017年、公募作品の中から小学生のデザインを選び、海ニャンを製作。帽子や体はタチバナの実、しっぽは和歌山市内で親しまれる「のしあめ」をイメージした。海南市内での菓子関係のイベントなどに登場し、子供らの人気も高いことから、市の公式キャラに〈昇格〉した。

 任命式では、神出政巳市長が海ニャンに委嘱状を手渡した。県のマスコットキャラクター「きいちゃん」も登場、仲良く並んだ。神出市長は「積極的に地元をPRしてもらいたい」と話した。

 同市の小学1年男子(6)は「とてもかわいかった。海南市のことをもっと好きになった」と喜んでいた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1559015 0 ニュース 2020/10/19 06:00:00 2020/10/19 06:00:00 2020/10/19 06:00:00 任命式に参加した海ニャン(左)ときいちゃん(海南市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201019-OYO1I50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)