幸せ祝う「新」婚礼…披露宴でも新型コロナ対策

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

テーブルにアクリル製の仕切りが設置された会場で開かれた披露宴(17日、大阪市北区で)=浜井孝幸撮影
テーブルにアクリル製の仕切りが設置された会場で開かれた披露宴(17日、大阪市北区で)=浜井孝幸撮影

 新型コロナウイルスの流行が続く中、結婚式や披露宴を延期していたカップルが感染対策をしながら念願の晴れ舞台に臨んでいる。

 大阪市北区の結婚式場「ラグナヴェール大阪」では、円卓の座席と座席の間にアクリル製の仕切りが設置され、希望者にはフェースシールドも配布。7月に予定していた結婚式を3か月遅れで今月17日に開き、招待客約40人から祝福を受けた夫婦は、「開催していいか迷ったが、感染対策をとることで安心して来てもらいたかった。みんなからお祝いしてもらい、すごくうれしかった」と笑顔を見せた。

 結婚情報誌「ゼクシィ」を企画制作するリクルートマーケティングパートナーズによると、全国953会場での4~6月の結婚式の実施件数は前年同期比で約10~20%に落ち込んだが、8月は50%、9月は70%と持ち直しつつあるという。

無断転載・複製を禁じます
1562961 0 ニュース 2020/10/20 15:00:00 2020/10/20 15:00:00 2020/10/20 15:00:00 テーブルにアクリル製のパーテーションが設置された会場で開かれた披露宴(17日、大阪市北区で)=浜井孝幸撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201020-OYO1I50002-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ