高級な公用車必要? 費用1.5倍の乗り換えに苦情殺到…兵庫県

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

兵庫県が昨年8月、議長の公用車としてリース契約したセンチュリー。知事公用車も同車種(画像の一部を修整しています)
兵庫県が昨年8月、議長の公用車としてリース契約したセンチュリー。知事公用車も同車種(画像の一部を修整しています)

 新型コロナウイルス禍で地方財政が厳しさを増す中、自治体が税金で維持する公用車のあり方を巡り、議論が起きている。兵庫県では、知事や県議会の議長用の車として採用した高級車のリース料がそれまでの車種の1・5倍になり、県民らから「税金の無駄遣い」など、400件以上の苦情、批判が殺到。山口県では、高額で購入した公用車がほとんど使用されていなかったことが判明している。(山本貴広、石見江莉加)

■「安全性が高い」

 兵庫県では昨年8月、知事と議長用の2台の公用車について、トヨタの高級車レクサスから最高級のセンチュリーに変更したことが今月の県議会で取り上げられている。レクサスの走行距離が県の規定を超え、燃費のいいハイブリッドのセンチュリーが販売されたのが切り替えた理由という。

 センチュリーは昨年の天皇陛下即位のパレードでも使われ、菅首相の公用車としても知られる。

 兵庫県では知事公用車や議長車はリース契約としており、この車種の変更によってリース料が1台あたり7年間で約1400万円から2100万円に増えた。

 今回の契約はコロナ禍以前で、議会でも承認されていたが、県では今年度、コロナ禍で1000億円以上の減収を見込む状況となっており、9月の県議会では、複数の県議が「税収が減る中、ふさわしい価格の公用車なのか」などと質問。県担当者が「公務をこなすために機能性のある室内環境が必要」と釈明に追われた。

 井戸敏三知事は19日の県議会で「広大な県土を走行できる馬力があり、高い安全性能を備えた車種。一方的議論が横行しているのは遺憾」と答弁した。

 これに関連し、県には19日朝までに約450件の意見が殺到。「公用車としては高すぎる」など、批判や苦情ばかりで、県によると賛同意見は皆無という。

■貴賓車に利用

 兵庫県議会で質疑になったように、公用車の使い方に注目が集まっているのは、山口県が7月、センチュリーを約2000万円で購入したことがきっかけだ。

 山口県はそれまで、2002年度に皇族や要人が来県した際に利用する「貴賓車」としてセンチュリーを約1000万円で購入。07年度、13年度にも同車種を1台ずつ購入し、議長、副議長用に使用してきた。

 今回の購入は、老朽化した02年度と07年度のセンチュリーを下取りに出し、新たな貴賓車を購入するとともに普段は議長や副議長も使えるようにしたものだ。

 しかし県によると、02年度に購入したセンチュリーは運行記録の残る17~19年度の3年間で計13日しか走行しておらず、「経費削減の時代に逆行する」などとメディアで報じられた。

 安く大人数 ミニバン人気

 公用車は、対外的な公務の多い知事や議長らの利用のために自治体が維持管理している。

 読売新聞が47都道府県の知事公用車について調べたところ、センチュリーは兵庫やトヨタのお膝元の愛知、千葉、石川の計4県が使用。ほかに、購入価格が1000万円前後のレクサスも岩手、富山、静岡、大分の計4県が選定していた。

 一方、今回の調査で最多の車種はトヨタのミニバン・アルファードで、大阪府や奈良県を含む19都道府県が採用。リース代はセンチュリーの3分の1から4分の1程度と比較的安く、多くの県が財政事情などを踏まえて判断したという。定員が7~8人と多く、複数の職員が車内で打ち合わせができる点も評価された。

 自動車メーカーの会社や工場がある事情で「ご当地車」を選ぶ県もあり、広島県では10年、センチュリーを売却し、地元に本社のあるマツダ車に変更していた。

 千葉県市川市では昨年7月、市長公用車として米電気自動車大手「テスラ社」の車をリース契約。それまでの国産車よりリース料が高額になる上、ドアが羽のように開く派手な外観もあって、市民らの批判が相次ぎ、4か月後にリース契約の解除に追い込まれ、国産車を利用している。

無断転載・複製を禁じます
1562966 0 ニュース 2020/10/20 15:00:00 2020/10/20 15:25:04 2020/10/20 15:25:04 トヨタ自動車の「センチュリー」が使われている議長の公用車(県庁で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201020-OYO1I50004-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ