上半期、関空旅客95%減

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 関西エアポートは23日、2020年度上半期(4~9月)の関西空港の航空旅客数が87・6万人となり、前年同期比で95%減少したと発表した。同期間では過去最低だった。新型コロナウイルスの影響で、各国の入国制限措置や出張などの移動自粛が長引いていることが影響した。

 国際線の旅客数は5・8万人と前年同期比99・5%減だった。9月単月でも前年同月比99・3%減で、本格回復のめどは立っていない。

 一方、4~9月の国内線の旅客数は前年同期比77%減の81・8万人だった。9月単月では前年同月比65%減の21・1万人となり、月ごとの減少幅は縮小しつつある。政府の観光支援策「Go To トラベル」事業が奏功し、国内観光客数が徐々に戻っている。

 国内線専用の大阪(伊丹)空港の上半期の旅客数は前年同期比74%減の219・5万人、神戸空港は75%減の42・6万人だった。

無断転載・複製を禁じます
1574126 0 ニュース 2020/10/24 06:00:00 2020/10/24 06:00:00 2020/10/24 06:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ