パルコ 9年ぶり心斎橋、コロナで入店予約制…20日開業

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「心斎橋パルコ」の6階の売り場。レゴブロックで作られた通天閣も登場した(17日午前、大阪市中央区で)
「心斎橋パルコ」の6階の売り場。レゴブロックで作られた通天閣も登場した(17日午前、大阪市中央区で)

 大丸心斎橋店(大阪市中央区)の北館が複合商業ビル「心斎橋パルコ」として20日に開業するのを前に、関係者向けの内覧会が17日、開かれた。若者に人気のファッションだけでなく、シェアオフィスや劇場を備え、本館とは連絡通路でつながる。新型コロナウイルスの感染予防のため、入店は当面、予約制となる。

 パルコは2011年に心斎橋から撤退しており、9年ぶりの再出店となる。地上14階、地下2階(店舗面積約4万平方メートル)建てで、約170店が入る。低層階はアパレルのほか、6階には訪日客や若者に人気のアニメやゲームのグッズ、レゴブロックの店舗をそろえた。4階にギャラリーを併設したシェアオフィス、最上階に劇場やイベントホールを設け、文化的な体験が楽しめる場も充実させた。

 パルコの牧山浩三社長は「パルコらしいイベントや企画を通じて、毎日新しい発見がある店作りを進めたい」と述べた。

 感染拡大の影響で、レストランや映画館の開業は来年1月以降にずれ込む。入店予約は心斎橋パルコのサイト(https://shinsaibashi.parco.jp/)で受け付ける。閉店時間も一部の店舗を除いて午後8時に1時間繰り上げる。

無断転載・複製を禁じます
1632902 0 ニュース 2020/11/17 15:00:00 2020/11/17 15:00:00 2020/11/17 15:00:00 心斎橋パルコのグッズ売り場。「レゴ」で作られた通天閣も登場した(17日午前10時22分、大阪市中央区で)=宇那木健一撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201117-OYO1I50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ