志村さんも一緒にクリスマス…神戸・異人館にお目見え

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「うろこの家」に登場したアマビエなどを模した人形(20日午前、神戸市中央区で)=八木良樹撮影
「うろこの家」に登場したアマビエなどを模した人形(20日午前、神戸市中央区で)=八木良樹撮影

 神戸市中央区北野町の異人館「うろこの家」の屋根に20日、新型コロナウイルスに感染して3月に亡くなったコメディアン・志村けんさんの名物キャラクター「バカ殿」や疫病を鎮めるとされる妖怪「アマビエ」などの人形がお目見えした。12月25日まで展示される。

 毎年この時期に、その年の出来事を人形で表現している。今年はコロナ禍で、サンタクロースはテレワーク中との設定。医療従事者への感謝を込めて青いガウンを着て、テニス全米オープンで優勝した大坂なおみ選手や9月に就任した菅首相らとオンラインでやりとりする様子を演出した。

 担当者は「コロナ禍の神戸にサンタが応援に来たというイメージで制作した。感染予防を心がけながら、楽しんでほしい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1641559 0 ニュース 2020/11/20 15:00:00 2020/11/20 15:00:00 2020/11/20 15:00:00 医療従事者に感謝を示す青いサンタを中心に、アマビエなどが並ぶうろこの家のクリスマス(午前10時25分、神戸市中央区北野町で)=八木良樹撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201120-OYO1I50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ