「1・17のつどい」 一部を紙灯籠に…竹確保できず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 神戸市中央区の東遊園地で毎年開催される阪神大震災の追悼行事「1・17のつどい」の実行委員会は20日、新型コロナウイルスの影響で、行事で明かりをともす竹灯籠が確保できなくなったとして、一部を紙灯籠で代用すると発表した。

 行事では例年約5000本の竹灯籠を用意し、ろうそくに火をともして、メッセージを浮かび上がらせる。実行委によると、今年はコロナの影響で、竹の切り出し作業などに協力する高齢ボランティアが活動を控え、2000本程度しか集まらない見通しだという。紙灯籠は、燃えないようにラミネート加工した紙を使い、市民や地元の小中学校などに製作の協力を要請し、約2000本を準備する。実行委は「残念に思う被災者もいるかもしれないが、時代に合わせて行事を続けたい」としている。

無断転載・複製を禁じます
1643502 0 ニュース 2020/11/21 06:00:00 2020/11/21 06:00:00 2020/11/21 06:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ