読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

関空発、オーダーメイド飛行…ピーチ「少しでも収益回復」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

遊覧飛行の機内で客室乗務員から説明を受ける関西航空少年団の団員(ピーチ・アビエーション提供)
遊覧飛行の機内で客室乗務員から説明を受ける関西航空少年団の団員(ピーチ・アビエーション提供)

 関西空港を拠点とする格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーションは、遊覧飛行やチャーター便の運航に乗り出した。利用者の要望に応じてオーダーメイドで柔軟に旅程を組み立てるのが特色だ。新型コロナウイルスの感染拡大で修学旅行を見合わせる学校などに目的地までの貸し切り飛行を提案する。

 遊覧飛行ビジネスには、大手の全日本空輸や日本航空なども相次いで参入している。コロナ禍で大きく落ち込んだ収入を補う目的だが、航空会社側が日程や内容を企画して募集する形式が多い。

 ピーチは11月29日、地元の航空ファンの小中高生らでつくる「関西航空少年団」の約40人を対象に関空発着の遊覧飛行を初めて開催した。

 瀬戸内海や九州の上空を約2時間半かけて巡るルートなどは、団員たちがピーチの社員と相談して決めた。飛行中の機内では、パイロットらが航空機のエンジンの仕組みなどについて解説した。

 大阪府泉佐野市の中学3年の男子生徒(14)は「コロナの影響で飛行機に乗るのは1年ぶり。窓から見えた明石海峡大橋が美しかった」と笑顔を見せた。ピーチの森健明・最高経営責任者は、「機材を有効活用して少しでも収益を回復し、生き残りを図りたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1666047 0 ニュース 2020/12/01 06:00:00 2020/12/01 06:00:00 2020/12/01 06:00:00 ピーチ・アビエーションの遊覧飛行で、客室乗務員から説明を受ける関空航空少年団の団員(同社提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201201-OYO1I50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)