読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

スマホで手軽 駅ロッカー共用、QR読み取り暗証番号表示…JR西が定額サービス

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

スマホ専用アプリと暗証番号で利用できるJR大阪駅構内の定額制ロッカー(23日、大阪市北区で)=杉本昌大撮影
スマホ専用アプリと暗証番号で利用できるJR大阪駅構内の定額制ロッカー(23日、大阪市北区で)=杉本昌大撮影

 JR西日本は23日、家族や友人同士で駅のロッカーを共用できる定額制サービス「ジブンロッカー」を大阪駅と新大阪駅の計3か所で始めたと発表した。解錠する暗証番号を共有し、荷物の受け渡しやサークル活動の用具の保管などの使い方を想定している。

 利用するにはスマートフォンの専用アプリで会員登録し、30日間5500円(税込み)の料金をクレジットカードで支払う。縦約25センチ、幅約44センチの扉にQRコードが表示されており、契約後にスマホのカメラで読み取ると暗証番号が示される。期間中は何度でも開閉でき、暗証番号も変えられる。JR西でスマホを活用した定額制ロッカーは初めてで、社内の事業アイデアの公募制度で最優秀賞を受けた案を実現。利用実態を検証し郊外の駅など設置先を増やすことも検討する。

無断転載・複製を禁じます
1722730 0 ニュース 2020/12/23 15:00:00 2020/12/23 15:00:00 2020/12/23 15:00:00 スマートフォンアプリと暗証番号で利用できるJR大阪駅構内の定額ロッカー(23日午前9時54分、大阪市北区で)=杉本昌大撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201223-OYO1I50006-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)