読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

大阪府、入院受け入れ3000万円支給

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪府は28日、府内の医療機関が新型コロナウイルスの入院患者を新たに受け入れた場合、3000万円を支給することを発表した。コロナ治療に対応できる看護師を登録する「看護師人材バンク」も設置し、実際に派遣された場合は70万円程度の月給を支給する計画であることも明らかにした。

 3000万円の支給対象は、府内でコロナ患者を受け入れていない2次救急対応の約110病院(内科・呼吸器内科)など。今月4日から3月末までに1人でも受け入れた場合、支給する。必要な予算は約15億円を見込み、一部は国の補助金などを活用する予定。

 看護師人材バンクからの派遣は、重症者専用の「大阪コロナ重症センター」のほか、クラスター(感染集団)が発生した病院や看護師不足の病院を想定。登録者は離職している潜在看護師などを見込み、登録後は府看護協会に非常勤で勤務し、必要に応じて派遣する。1月中に設立し、約100人の登録を目指す。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1737137 0 ニュース 2020/12/29 06:00:00 2020/12/29 06:00:00 2020/12/29 06:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)