読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

年始一変…高速道路や空港 Uターン混まず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

例年Uターンラッシュで渋滞する中国道の西宮名塩SA付近も、車がスムーズに流れていた(3日午後5時15分、兵庫県西宮市で、本社ヘリから)=川崎公太撮影
例年Uターンラッシュで渋滞する中国道の西宮名塩SA付近も、車がスムーズに流れていた(3日午後5時15分、兵庫県西宮市で、本社ヘリから)=川崎公太撮影
2018年1月3日撮影
2018年1月3日撮影

 「静かな年末年始」が呼びかけられる中での三が日が3日、最終日を迎えた。例年、Uターン客でごった返す駅や空港は閑散。高速道路も目立った渋滞はなく、新型コロナウイルスの影響の色濃い年始めとなった。

 関西空港のターミナルビルでは臨時休業の店が目立ち、大きな荷物を持った客もまばら。札幌市の実家に帰省していた大阪府貝塚市の女性(36)は「迷ったが、お盆の帰省も取りやめたし、次いつ会えるかわからないので」と話し、同府泉大津市の実家に帰っていた東京都の会社員男性(34)も「両親は高齢で会える機会が少ないので帰ったが、一切外出しなかった」と話した。

 例年、東海道新幹線のぞみは自由席の乗車率が100%を超えるがこの日は10%の便も。新大阪駅のホームはUターンのピークとは思えない静けさだった。毎年10キロ以上の渋滞が発生する中国道上り線の宝塚インターチェンジ付近も、夕方に約2キロ渋滞しただけだった。

 一方、京阪神の繁華街では、帰省を諦めた家族連れなどの姿が目立った。NTTドコモの「モバイル空間統計」によると、前年同月比で大阪・梅田の人出は28・2%減、JR京都駅は29・7%減、JR三ノ宮駅は28・3%減にとどまった。

 神戸の中華街・南京町を友人と訪れた神戸市須磨区の女子高校生(16)は「4日から部活動が始まるので今日だけは外出しようと決めていた」と笑顔。一方で、飲食店主の男性は「客が増えるのはうれしいが、やはり感染拡大が心配」と複雑な表情を浮かべていた。

無断転載・複製を禁じます
1745661 0 ニュース 2021/01/04 06:00:00 2021/01/04 06:00:00 2021/01/04 06:00:00 例年帰省先からUターンラッシュする車で渋滞する中国自動車道上り線西宮名塩SA周辺も、スムーズに流れていた(3日午後5時15分、兵庫県西宮市で、本社ヘリから)=川崎公太撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210104-OYO1I50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)