読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【未来世代】 障害発信 もう隠さない、「車いすモデル」笑顔再び

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「車いすモデル」として活躍する日置さん。後ろは障害があっても運転できる特注の愛車(昨年12月25日、神戸市西区で)=中原正純撮影
「車いすモデル」として活躍する日置さん。後ろは障害があっても運転できる特注の愛車(昨年12月25日、神戸市西区で)=中原正純撮影
福岡アジアコレクションでランウェーを進む日置さん(2017年3月、福岡市で)=日置さん提供
福岡アジアコレクションでランウェーを進む日置さん(2017年3月、福岡市で)=日置さん提供

日置有紀さん 31

 あの日のスポットライトのまばゆさは一生忘れない。2017年3月18日に福岡市で開かれたファッションショー「福岡アジアコレクション」。日置有紀さん(31)は、生まれて初めてランウェーに車いすを進めた。

 赤と金のドレスを着ての約30メートルの往復。首から下は力が入らない体で懸命に背筋を伸ばした。観客約7500人の視線が一身に集まっているのを感じた。

 ステージを下りると、大きな拍手が聞こえてきた。涙があふれた。一人のモデルとして認められた喜びをかみしめた。

 兵庫県在住の日置さんは「車いすモデル」として、テレビや映画への出演を重ねる。脊髄の難病を患い、障害の等級は最も重い「四肢体幹機能障害」。両腕にも麻痺まひがある。

 発症したのは18歳の時だ。理学療法士の資格を取るため専門学校で学んでいた。

 1冊の本の影響だった。「1リットルの涙」。1986年に出版された、体の自由を失っていく進行性の難病で亡くなった少女の15歳からの闘病の日々を書きつづった日記だ。

 〈病気は、どうしてわたしを選んだのだろう〉。その思いをこらえ、懸命に生きる姿に心を打たれた。

 「病気の人に寄り添いたい」と、当時、流行していた交流サイト「mixi(ミクシィ)」の交換日記で友人らと夢を語り合った。

 だが病魔に襲われたのは、自分自身だった。

 最初は左足のしびれ。次に右足、そして両手。症状は容赦なく広がった。足を引きずり、つえを使い、学校は3年で卒業したが、直後に手術を受けた。首から下は動かせなくなった。

 「あなたの担当です」。リハビリ先の病院で紹介された理学療法士は、専門学校の同級生だった。真新しい制服と初々しい表情は、とても直視できなかった。

 リハビリもやめ、暗くした自宅の部屋のベッドで天井を見つめ過ごした。友人とのネットでのやりとりも遮断した。トイレも食事も母親がいないとできない。集めた洋服も着られない。「死にたい」とつぶやいた。

 変わるきっかけは新たに仮名で始めたブログだ。

 惨めな自分を知られたくない。けれどわかってほしい。そんな胸の内を伝えたくて指にペンをくくりつけ、キーボードに向かうと、ある日、メッセージが届いた。

 「リハビリでやった方がいいことある?」。送り主は全身麻痺の同年代の女性。理学療法士を目指していたことを読み、尋ねてきたのだ。リハビリのやり方や装具の使い方を教えると返信があった。「ありがとう!」

 1リットルの涙の少女を思い出した。ネットも携帯電話もない時代。寝たきりは家で孤独に耐えることを意味した。

 「でも今の時代の私は、あきらめることなんてない」

 障害者に便利なグッズ、車の免許を取ったこと。積極的に発信した。

 すると25歳の時、結婚式のモデルの依頼が舞い込んだ。足が不自由でも立ち姿で挙式できるよう、座面の高さが調整できる車いすのPRだった。

 撮影に臨み、思いがけない感動を受けた。自分の足で立っていた時の視界に戻ったのだ。忘れかけていた感覚だった。「新郎新婦が同じ目線で」という、作り手の優しさがうれしかった。

 この後、「車いすモデル」の名刺を作った。ブログも実名に変えた。

 もう隠したりはしない。私だから感じ、伝えられることがあると信じている。(今岡真 40歳)

共生社会に期待

 健常者と障害者の「共生社会」を目指す方向性は21世紀の大きな流れだ。2006年に「障害者の権利に関する条約」を国連が採択し、日本は14年に批准。16年には障害者差別解消法が施行された。

 インターネットを通じ、多くの人が「多様性」に触れる機会が増えたことも、動きを後押ししている。

 障害者団体でつくるNPO法人「DPI日本会議」(東京)の尾上浩二副議長は、「デジタルネイティブ」と呼ばれる世代の特徴を、「障害を隠さず、発信する人が目立つ」とし、「その力が共生社会を作る大きなうねりになれば」と期待する。

無断転載・複製を禁じます
1751601 0 ニュース 2021/01/06 06:00:00 2021/01/06 06:00:00 2021/01/06 06:00:00 新年連載用 車いすモデルとして活躍する日置有紀さん。マイカーで障害者自立支援施設を訪れ、車の乗り方をレクチャーした(12月25日、神戸市西区で)=中原正純撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210106-OYO1I50008-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)