読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【未来世代】 貧困の子にモデル体験…フィリピンでショー開催

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

設立したアパレル会社の服を手に取る西側さん。「ファッション好きはオシャレだったおじいちゃんの影響です」(昨年12月22日、兵庫県芦屋市で)=宇那木健一撮影
設立したアパレル会社の服を手に取る西側さん。「ファッション好きはオシャレだったおじいちゃんの影響です」(昨年12月22日、兵庫県芦屋市で)=宇那木健一撮影
西側さんが2015年にフィリピンで開催したファッションショーの様子(本人提供)
西側さんが2015年にフィリピンで開催したファッションショーの様子(本人提供)

西側愛弓さん 25

 おめかしをした子供たちは、みんな胸を張り、笑顔をはじけさせている。

 2015年8月にフィリピン・マニラ近郊で、西側愛弓さん(25)が初めてファッションショーを開催した時の写真だ。当時は大学3年で、昨年までに7回を数えた。

 モデルの子供たちは、うずたかく積まれたゴミの山で知られた貧困地域・パヤタス地区から招いた。トタン屋根の小屋で、すり切れた服を着て過ごす子らに、「一人ひとりが『主役』になれる。そんな体験を届けたい」と考えたのは、「きっかけがあれば、人生は変えられる」と思うから。

 それは「取りえもない女子大生」が、ここにたどり着くまでの歩みでもある。

 阪神大震災が起きた1995年の神戸市生まれ。多くの支援者が全国から駆けつけ、「ボランティア元年」と呼ばれる年だ。

 そのことは繰り返し、学校で教わった。でも成績は下の方、運動も苦手、打ち込めるものもなく、「できる人」の後ろを歩いていた。

 唯一、興味を持てたのがファッションだ。けれど気に入った服を着ると、すぐ「派手」と言われた。「人生、すっごいつまらない」。そんなふうに思っていた。

 もやもやしながら進学した大学で、「とにかく何かしたい」と、考えついたのが雑誌づくり。海外のストリートファッション誌なら、旅先でスナップ写真を撮れば良さそうだ。「英語も話せないのに」と止められたが、一歩を踏み出したかった。大学1年の時だ。

 初めての海外一人旅で訪れたニューヨークで、摩天楼の下を行き交う人々の個性的で力強いスタイルに目を奪われた。

 真っ赤なアフロヘア、青い口紅――。片言の英語で「I love your fashion(ステキな服ですね)」と声をかけ、手にしたカメラを示すと、みんな自信たっぷりにポーズを取り、写真に納まってくれた。

 「こんなに自分を出していいんだ」。心の中でかせが外れた気がした。モロッコやスペイン、フランス。在学中に足を運んだ国は16か国になった。撮影した写真は、クラウドファンディングの資金で3冊の雑誌にまとめた。

 貧困支援のファッションショーを思い立ったのは、撮影旅行で世界の格差を目の当たりにしたからだ。以前なら、そこで立ち止まったかもしれない。「何かやろう」と動いたのは、自分が変わったのだと思う。

 支援先にフィリピンを選び、現地のNGOなどに電話をかけて協力を依頼。アパレル会社に服の寄付を頼んだ。実績もない大学生の話は、何度も断られたが、あきらめなかった。

 見かねた大学の友人らの協力もあり、なんとか形になったショーを終えると、子供たちが笑顔で「Thank you(ありがとう)」と駆け寄ってきた。やりたいことが見つかった。

 今はマニラに無償の服飾専門学校をつくる計画を進めている。現地を訪れるたび、「キャビンアテンダントになるの」「コックさんを目指す」と、ショーに出た子らが報告してくれ、支援を「1日の夢」に終わらせたくないとの思いが強くなった。

 資金づくりのため、就職した会社を辞め、アパレル会社「coxco(ココ)」を設立。再生生地や倉庫に眠った残布で作った服の販売を始めている。

 まだ実家暮らし。貯金も結構取り崩した。でも怖くはない。「できない理由を探すより、できることに目を向けたい」。そうやって前に進めばいいのだと、知ったから。(中田智香子 30歳)

阪神大震災経験せず

 1995年1月17日に発生した阪神大震災からもうすぐ丸26年となる。今の20歳代前半は、直接経験せず学校で学んだ世代だ。一方で、子供の頃からネットやSNSが普及し、世界中の情報に瞬時に接することができた世代でもあり、海外への関心が高いという特徴も指摘される。

 震災を機に誕生し、国内外の災害支援に関わる「被災地NGO恊働きょうどうセンター」の村井雅清顧問(70)は「震災後の教育を受け、親や祖父母の体験談を聞かされている世代だからこそ、きっかけがあれば、海外の社会的な課題にも目が向くのだろう」と話す。

無断転載・複製を禁じます
1753279 0 ニュース 2021/01/07 06:00:00 2021/01/07 06:00:00 2021/01/07 06:00:00 設立したアパレル会社の服を手に取る西側さん。「ファッション好きはオシャレなおじいちゃんの影響です」と話す。(22日午後1時46分、兵庫県芦屋市で)=宇那木健一撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210107-OYO1I50004-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)