読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

受験生 コロナに負けず…大学共通テスト

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

大学入学共通テスト受験のため、間隔を空けて列に並ぶ受験生(16日午前、大阪大吹田キャンパスで)=長沖真未撮影
大学入学共通テスト受験のため、間隔を空けて列に並ぶ受験生(16日午前、大阪大吹田キャンパスで)=長沖真未撮影

 大学入試センター試験に代わる大学入学共通テストが16日午前、全国で始まった。受験生は新型コロナウイルスの感染拡大に戸惑いながらも、将来の夢や目標を力強く会場で語った。

 「たくさん知識を詰め込んでから問題を解くことを繰り返した」

 思考力や判断力などがより重視される出題内容となる共通テスト。京都大(京都市)の会場で試験に臨む京都府内の公立高3年の男子生徒(18)は資料や文章題が多く総合力が問われると考えて準備をしたという。

 奈良女子大(奈良市)では、市内の私立高3年の女子生徒(18)が「リスニングの配分が大きくなるのでたくさん英語を聞いた。過去問もないので、予備校の想定問題を集めて解けるだけ解いた」。大阪大吹田キャンパス(大阪府吹田市)で大阪府内の私立高3年の女子生徒(18)は「過去問がないので、予想問題や模擬試験で対策した。試験でクラスター(感染集団)が起きないかなど不安はあるが、条件はみんな一緒なので落ち着いて取り組みたい」と話した。

 新型コロナの影響で、受験生は落ち着かない1年を過ごしてきた。

 大阪大豊中キャンパス(大阪府豊中市)で受験する大阪府立高3年の女子生徒(18)は芸術系の国公立大学への進学を目指している。「コロナの影響でアルバイトができなくなり、模試の受験料を払うために貯金をだいぶ使い、親戚からお年玉を前倒しでもらった。親の援助も受けた」と語った。

 関西学院大(兵庫県西宮市)で受ける兵庫県立高3年の男子生徒(18)は、親から「コロナで景気が悪化するかもしれないので、浪人はさせられない」と言われたという。地元の国立大が第1志望といい、「ぶつかるしかない」と厳しい表情だった。

 新型コロナの影響は志望校選びにも及んだ。

 奈良市内の私立高3年の女子生徒(18)は「東京の私立大も考えていたが、今後もコロナの影響が続くかもしれないので、関西の私立大に絞った」という。

 私立大工学部を志望する大阪府立高3年の男子生徒(18)は「専門的な知識や技能が必要な職業で社会的な需要も高いプログラマーが目標。コロナのような不測の事態でも在宅で仕事ができる」と話した。

間隔あけ列

 新型コロナ感染拡大を受け、試験会場となった大阪大吹田キャンパスでは朝、マスク姿の受験生が職員の指示で間隔をあけて列を作った。参考書を読みながら開場を待ち、建物の入り口に設置されたアルコールで手指を消毒してから入った。

無断転載・複製を禁じます
1774825 0 ニュース 2021/01/16 15:00:00 2021/01/16 15:00:00 2021/01/16 15:00:00 大学入学共通テストを受験するため、間隔をあけて列に並ぶ受験生ら(16日午前8時24分、大阪府吹田市の大阪大吹田キャンパスで)=長沖真未撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210116-OYO1I50004-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)