読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

失明男性通勤、小学生が支え 10年超途切れず、優しさのバトン…「不安消え 楽しい時間に」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 難病で視力を失った和歌山市職員の山崎浩敬ひろたかさん(58)が10年以上にわたり、地元の小学生に助けられながらバス通勤を続けている。ある女子児童に声をかけられたのが始まりで、その児童の卒業後も後輩から後輩に「善意のバトン」がつながれてきた。今月、児童たちと再会した山崎さんは「不安だった通勤が楽しい時間になった」と感謝の思いを伝えた。(大田魁人)

少女の声が

 山崎さんは32歳だった1994年、進行性の目の難病「網膜色素変性症」と診断され、40歳を手前にして通勤で使っていたバイクの運転もできなくなった。

 2005年に休職して訓練施設で白杖はくじょうの使い方などを学び、06年に復職。最初は家族に付き添ってもらっていたが、08年から一人でバス通勤するようになった。

 視力の低下でバスの乗り口を探すことにも苦労したが、一人で通勤を始めて1年がたった朝、停留所で待っていると、「バスが来ましたよ」と少女の声がした。「乗り口は右です。階段があります」。少女はそう言い、座席に案内してくれた。

 同じバスで通学する和歌山大付属小学校の児童だった。降りる停留所も同じで、それ以来、名前も知らない女子児童は毎日助けてくれた。児童は3年後に卒業したが、新学期に入ると、別の女子児童が助けてくれた。

 山崎さんは14年に失明したが、児童たちのサポートは途切れることなく続いた。「おはよう」「寒いね」。児童との何げない会話が朝の楽しみになった。

再会

 山崎さんは昨年、児童たちへの感謝の思いをパソコンの音声入力機能を使ってつづり、「小さな助け合い」をテーマにした全国信用組合中央協会主催の作文コンクールに応募した。

 「教わるのではなく、始めた親切。それを見ていた周りが、何も言わないのにやってくれる」

 作品は最高賞に選ばれ、山崎さんは賞金で視覚障害に関する教材を購入し、小学校に寄贈することにした。

 今月18日に同小を訪れた山崎さんは、支えてくれた児童たちと再会した。

 現在和歌山大付属中の2年生(14)で、山崎さんに付き添った最初の女子児童が卒業した翌年に入学し、卒業するまでサポートした。山崎さんはこの女子生徒が引き継ぎを受けたと思っていたが、生徒は最初の児童の存在は知らなかったという。

 「母に『困っている人を助けなさい』と言われていたので、やっただけです」と振り返る。

 生徒の1年下の妹(12)が入学すると付き添いに加わり、現在は小学2年の末の妹(8)や友人が引き継いでいる。

 新型コロナウイルスの影響で、昨春から山崎さんは時差出勤となり、児童の通学時間帯と合わなくなった。

 山崎さんは「目の病気で一時は仕事を辞めようと思ったこともあったが、子どもたちの支えのおかげで定年まで頑張れそう」と話し、「一日でも早く、また一緒にバスに乗れる日が戻ってほしい」と願った。

無断転載・複製を禁じます
1781757 0 ニュース 2021/01/19 15:00:00 2021/01/26 09:36:35 2021/01/26 09:36:35

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)