読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

節分準備 まめまめしく…大阪

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

節分祭に向けて、福豆を詰める僧侶たち(大阪府寝屋川市の成田山不動尊で)
節分祭に向けて、福豆を詰める僧侶たち(大阪府寝屋川市の成田山不動尊で)

 来月2日の節分祭に向け、大阪府寝屋川市の成田山不動尊で、福豆を袋やますに詰める作業が進んでいる。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、恒例の特設舞台からの豆まきは実施せず、境内で一般参拝者に無料配布する。

 25日は僧侶4人がマスクと手袋姿で、「新型コロナ 終息祈願」と書かれた袋や枡に落花生や大豆を手際良く入れた。企画部の三神栄裕さん(32)は、「コロナ終息の真摯しんしな祈りをささげることは『不要不急』ではないと考えている。十分な対策を取り、皆様をお迎えしたい」と話した。

 当日は僧侶と年男らが本堂で、コロナ終息を祈願して本尊に向けて豆をまく追儺ついな式大護摩供ごまくを4回実施。参拝者には午前9時から境内で、3万2000袋の福豆を無料で配布する。

 成田山不動尊では開創翌年の1935年から節分行事を行っているが、参拝者への豆まきの中止は初めてだという。

無断転載・複製を禁じます
1796936 0 ニュース 2021/01/26 06:00:00 2021/01/26 06:00:00 2021/01/26 06:00:00 節分祭に向けて、福豆を詰める僧侶たち(大阪府寝屋川市の成田山不動尊で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210126-OYO1I50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)