読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

iPSがん治療 治験へ…京大発の企業、免疫細胞を増強

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 京都大発の新興企業「サイアス」(京都市)は1日、がん患者の免疫細胞をiPS細胞(人工多能性幹細胞)で増やし、患者に戻して治療する新たながん免疫療法の治験を、2022年度後半に開始すると発表した。

 同社によると、この免疫細胞は「キラーT細胞」で、血液がん以外の少人数のがん患者を対象に、京大病院で行う予定。キラーT細胞は、特定のがん細胞や病原体を見分けて攻撃するが、がん患者の場合、次第に疲弊すると考えられる。

 治験では、患者のがん細胞を攻撃するキラーT細胞を血液から取り出し、iPS細胞を作製。iPS細胞を増やしてからキラーT細胞に変化させ、患者の体内に移植する。新しく若返った効果で、攻撃する力も戻ると期待されるという。

 iPS細胞を使ったがん治療は、千葉大と理化学研究所のチームが別の免疫細胞で、頭頸とうけい部がんを対象にした治験を実施している。

無断転載・複製を禁じます
1814217 0 ニュース 2021/02/02 06:00:00 2021/02/02 06:00:00 2021/02/02 06:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210202-OYO1I50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)