読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

第三者委の子ども一時保護審査を了承…明石市

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 兵庫県明石市は9日、児童相談所が子どもを一時保護した際、第三者が面談し、一時保護の妥当性を判断することなどを柱とした「こどものための第三者委員会」の制度案を公表した。4月から運用を開始する。

 第三者委は、児童福祉に詳しい弁護士や元裁判官、元児相所長ら5人程度で構成。一時保護された全ての子どもに原則2日以内に面談し、一時保護の妥当性を審査する。保護者側も、一時保護の継続や面会制限に不服がある場合、調査を申し出ることができる。

 2週間以内に児相に意見を通知し、児相はこの意見を基に処遇の見直しを図る。

 制度案は9日に開かれた市の検討会で示され、了承された。

 泉房穂市長は「全国に広がるよう制度設計を進め、子どもの権利保障の議論を進めたい」と語った。

無断転載・複製を禁じます
1832667 0 ニュース 2021/02/10 06:00:00 2021/02/10 06:00:00 2021/02/10 06:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)