読売新聞オンライン

メニュー

IR方針案の修正版、開業は20年代後半…大阪府・市

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪府と大阪市は12日、誘致を目指すカジノを中核とした統合型リゾート(IR)について、事業者に求める条件などをまとめた実施方針案の修正版を公表した。スケジュールを更新し、事業者の選定は今年9月頃、開業時期は2020年代後半とした。

 府・市は19年11月に実施方針案を公表していたが、その後、新型コロナウイルスの感染拡大で選定作業が滞っていることや、政府が昨年12月に基本方針を決定したことを受け、修正した。事業者の選定時期は当初予定から1年3か月遅れとなり、開業時期は政府の基本方針に合わせた。今後、事業者と調整して決定する。

 ほかには、新型コロナなどの感染抑止策をとることを事業者に求めるほか、国際会議場や展示施設などの「MICE(マイス)施設」や宿泊施設を段階的に整備することを認めた。

無断転載・複製を禁じます
1839683 0 ニュース 2021/02/13 06:00:00 2021/02/13 06:00:00 2021/02/13 06:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)