読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「あつ森」でオンライン謝恩会…阪南大

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 卒業後のお別れは仮想空間で――。阪南大(大阪府松原市)が19日の卒業式に合わせて、任天堂の人気ゲーム「あつまれ どうぶつの森」(あつ森)を舞台にオンラインで交流する場を設ける。大阪府では新型コロナウイルスの緊急事態宣言が2月末で解除されたものの、国は卒業式後の謝恩会自粛を呼びかけるなど警戒が続いており、注目されそうだ。

「はんなんだいがく島」に設けられる卒業式の会場(阪南大提供)
「はんなんだいがく島」に設けられる卒業式の会場(阪南大提供)

 同大学は3密対策で卒業式を学部ごとに、それぞれ30分以内で開く。謝恩会は開かれないことから、若手職員が「思い出に残る交流の場を提供したい」と、無人島を舞台にアバター(分身)を操作して好みの家を作ったり、交流したりするあつ森の利用を思いついた。

 2月末、ゲーム内に「はんなんだいがく島」をつくり、大学のシンボルとなる建物やグラウンドを模したエリアなどを、誰でも探索できるようにした。式当日と翌20日には卒業生らにパスワードを伝え、島内でメッセージのやりとりや記念撮影を楽しめるようにする。

 ゲームの設定上、一度に島内で交流できるのは8人までだが、卒業生は約1000人いる。自身もあつ森ユーザーという同大学総務企画課の担当者は「当日はSNSなどで交通整理し、できるだけ多くの卒業生に訪れてほしい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1885763 0 ニュース 2021/03/04 15:00:00 2021/03/04 15:00:00 2021/03/04 15:00:00 卒業生が交流できる「はんなんだいがく島」(阪南大提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210304-OYO1I50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)