読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「数学史に残る偉業」…「ABC予想」論文、ついに掲載 京大・望月教授

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

望月新一教授(京都大提供)
望月新一教授(京都大提供)

 数学の難問「ABC予想」の証明に成功したとする望月新一・京都大数理解析研究所(数理研)教授(51)の論文4本が5日、国際数学専門誌「PRIMS」特別号(電子版)に掲載された。1か月以内に書籍版も出版される予定で、数学史上の偉業として世界中の研究者の目が注がれることになる。

 ABC予想は、正の整数について足し算とかけ算の関係を示す難題で、1985年に欧州の数学者2人が提唱。望月氏は整数論や幾何学を組み合わせた「宇宙際うちゅうさいタイヒミュラー(IUT)理論」を構築し、証明に挑んだ。

 PRIMSの編集は数理研、発行は欧州数学会出版局がそれぞれ担っている。数理研の編集メンバーは、計600ページ以上の膨大な量の論文を審査。2012年に望月教授が自分のホームページで論文を公表した当初は内容の斬新さや難解さから、理解できる研究者は世界でも数人に限られるとまで言われた。他の専門家による審査も難航し昨年2月に論文の掲載が決まるまで約7年半かかった。

 PRIMS特別編集委員会共同編集委員長として、審査のまとめ役を務めた玉川安騎男あきお・京大数理研教授(整数論)は「今回掲載されたものが未来に残る最終確定のものだ。数学の歴史に刻まれる業績となるはずだ」と話す。

無断転載・複製を禁じます
1890259 0 ニュース 2021/03/06 06:00:00 2021/03/07 18:07:27 2021/03/07 18:07:27 数学の未解決難問「ABC予想」の証明成功の論文が国際的な数学専門誌「PRIMS」に掲載されることになった京都大学数理解析研究所(数理研)の望月新一教授。2020年4月4日朝刊「「数学史の偉業」論文掲載へ 「ABC予想」証明 京大・望月教授」掲載。京大提供写真。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210306-OYO1I50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)