読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

大阪で公立高入試、3万9000人が挑む

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪府内の公立高校で10日、2021年度入試の一般選抜が行われ、約3万9000人が挑んだ。うち全日制は3万4903人の定員に対して3万8374人が出願。平均倍率は1・10倍だった。合格発表は18日。

 府立高津高(大阪市天王寺区)の文理学科には、定員360人に対して514人が出願。新型コロナウイルス感染予防のため教室の窓を開けて換気し、廊下には消毒用アルコールが設置された。マスクを着用した受験生は午前9時10分に国語の試験が始まると、一斉に問題に取りかかった。

 府教育委員会は昨春の一斉休校による学習の遅れに配慮し、3年生で学ぶ内容の2割程度を出題範囲から除外した。新型コロナに感染するなどして、受験できなかった生徒は19日に追試が受けられる。

 この日は、定時制の入試も行われた。

無断転載・複製を禁じます
1900275 0 ニュース 2021/03/10 15:00:00 2021/03/10 15:00:00 2021/03/10 15:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)