読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

桜満開 増える人出…昨年の2~4倍

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪管区気象台は28日、大阪市で桜(ソメイヨシノ)が満開になったと発表した。平年より8日、昨年より6日早かった。新型コロナウイルスの感染が再拡大する中、各地の桜の名所では、昨年の同時期に比べて大幅に人出が増えている。

 ソフトバンク系列のIT企業「アグープ」がスマートフォンの位置情報を分析したデータによると、27日土曜日の午後3時台の人出は、大阪府吹田市の万博記念公園で1週間前の20日土曜日に比べて2・3倍。同じく土曜日だった昨年3月28日に比べると4・4倍にに増えていた。

 京都・嵐山や兵庫県西宮市の夙川公園、東京・千鳥ヶ淵でも昨年3月28日の同時間帯と比べると1・9~4・3倍に増加していた。

 昨年3月28日は、緊急事態宣言はまだ出ていなかったものの、大阪府や東京都が「不要不急の外出」の自粛要請をスタートさせた時期。政府や各自治体は、今年も宴会を伴う花見を控えるよう呼びかけている。

 万博記念公園では28日、朝から雨が降ったため、人出は多くなかったが、写真に収めながら散策する人の姿が見られた。

 夫婦で訪れた吹田市の会社員は「満開の桜が見られてよかったけど、シートを広げてゆっくりできないのは少し残念」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1945024 0 ニュース 2021/03/29 06:00:00 2021/03/29 06:00:00 2021/03/29 06:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210329-OYO1I50002-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)