読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

華やぐ春、古墳彩る菜の花畑…大阪・羽曳野市

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

古墳の外濠近くで見頃を迎えた菜の花(羽曳野市で)=市提供
古墳の外濠近くで見頃を迎えた菜の花(羽曳野市で)=市提供

 羽曳野市にある古市古墳群最大の応神天皇陵古墳(全長425メートル)近くで、菜の花約10万本が見頃を迎えた。5日からは無料で摘み取れる。

 市は2017年、古墳群が世界文化遺産に登録されることを願って、同古墳の外濠外堤がいごうがいてい北西部の約2800平方メートルを花畑として造成。その後、古墳群は登録され、季節ごとに菜の花やコスモスを楽しめるようになっている。

 摘み取りを希望する人は、ハサミ持参でマスクを着用。駐車場はなく、市は公共交通機関の利用を呼びかけている。

無断転載・複製を禁じます
1961991 0 ニュース 2021/04/05 06:00:00 2021/04/05 06:00:00 2021/04/05 06:00:00 古墳の外濠近くで見頃を迎えた菜の花(羽曳野市で)=市提供(羽曳野市で)=吉田誠一撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210405-OYO1I50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)