読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

アクリル板に換気センサー、「対策費痛い」…「まん延防止」適用の飲食店

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「まん延防止等重点措置」の適用初日、新たにアクリル板を設置した喫茶店(大阪市北区の「三丁目の珈琲店」で)=川崎公太撮影
「まん延防止等重点措置」の適用初日、新たにアクリル板を設置した喫茶店(大阪市北区の「三丁目の珈琲店」で)=川崎公太撮影

 新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」が5日から府内にも適用され、対象になった大阪市内では、飲食店が新たに客席にアクリル板を設けたり、マスク会食を呼びかけるチラシを貼ったりして改めて感染防止に努めた。

 措置適用の初日、大阪市北区の「三丁目の珈琲店」は、カウンターとテーブル席にアクリル板約15枚を立て、常連客らを迎えた。経営者(63)は「売り上げが減る中で対策費用は痛いが、仕方ない」と話した。換気するよう警告してくれる二酸化炭素(CO2)センサーも購入する予定という。

 同区の中華居酒屋「ビストロとんとろすぶた そら」ではすでに同センサーを設置し、ネット通販で急いでアクリル板を購入。店主(50)は「マスクを外しているお客さんへの声かけはタイミングが難しい。まずは店内にチラシを貼って注意を促したい。感染拡大を抑えるために協力しないと」と語った。

無断転載・複製を禁じます
1964469 0 ニュース 2021/04/06 06:00:00 2021/04/06 06:00:00 2021/04/06 06:00:00 「まん延防止等重点措置」初日、新たにアクリル板がテーブル間に設置された喫茶店の店内(5日午前8時48分、大阪市北区の「三丁目の珈琲店」で)=川崎公太撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210406-OYO1I50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)